アクセス解析
レンタル掲示板

内ももから痩せる座り方

一日の中で座っている時間は人それぞれですが、
リラックスしている時間にもちょっと意識することで
痩せる体づくりをすることができます。

「ダイエットしても足だけが痩せない!」

と悩む人には効果大!の座り方のポイントをまとめました。

まず、椅子は足の裏全体が床につく高さの物を選びましょう。

基本の姿勢は

「背筋を伸ばして内ももから足を閉じます。」

これだけでも太ももがスリムになるのですが、

座るときに

@背筋を伸ばし、両足のかかとをつけます。
 椅子が高い時は浅く腰かけます。

Aかかとを動かさないようにしながら、親指の付け根も
 ぴったりとくっつけます。
 この時、体の重心が内側に集中していることが
 大切です。

B内ももの付け根に力を入れて足を閉じます。
 すると、下腹とお尻にも力が入るはずです。
 ひざには力を入れないように注意しましょう。



テレビを見る時やご飯を食べる時、
デスクワークの人は仕事中など、この姿勢が
自然にできるようになると美脚まであと少し!

この姿勢に慣れてきたら、今度は座ったまま
できるトレーニングで効果を高めます。

正しい姿勢で座ったら、手の甲を合わせるようにして
内ももの付け根に手を入れて、
内ももと手で押しあうように力を入れます。

1回45秒ほどでOK手(チョキ)

とてもシンプルな方法ですが、正しい姿勢というのは
とても大切で、正しい姿勢を体に覚えさせることで
不必要な脂肪がつくのを防ぎます。

今日から少し意識して椅子に座ってみましょう手(グー)
タグ:ダイエット
posted by ダイエッター at 22:46 | Comment(0) | 痩せる生活作り
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。