アクセス解析
レンタル掲示板

胃袋ダイエット

肥満は過食と運動不足という生活習慣が作り出した病気です。
太って当たり前の生活習慣を改め、太りやすい体質を太りにくい体質に
変えれば、誰でも必ず痩せます。

そのための1歩は、胃を小さくすることです。肥満大国アメリカでは、
この原理を肥満治療に応用し、バンドで縛ったりして胃袋の容量を減らす
「胃縮小手術」が行われているそうです。

胃は5ミリほどの筋肉の壁で作られています。
大きさはほぼ大人の握りこぶし大、要領は150mlほどしかありません。

ただし、その筋肉組織は非常に頑固な半面、収縮性に富んでいます。
そのため、胃がどれだけ伸びて膨らむかの能力が食べられる量を決めて
います。

ダイエットに失敗しやすい原因は、こうした「膨らみやすい胃袋」にあると
言っても過言ではありません。

そこで「胃袋ダイエット」の登場です。

やり方は簡単。面倒なカロリー計算はいりません。

胃袋ダイエットでは食べ過ぎて膨らみやすくなった胃を、半年かけて
太りいくい体質にします。

まずは食事の量を2割減らします。
口に入るもの全てのものをフツウに盛り付けて2割残すだけです。

水はチビチビの見ましょう。
一口ずつ時間をかけて飲んでください。

毎日30分間ウォーキングをしましょう。
体脂肪の燃焼を促すため、毎日30分以上歩きましょう。ポイントは汗をかかない程度にゆっくりと、大またで、休まずに歩き続けること。
胃袋ダイエット中の運動はウォーキングのみです。
無理して汗をかくような運動をすると水分が欲しくなったり食事がおいしくなったりして逆効果です。

半年間続けましょう。
筋肉は6ヶ月間のトレーニングで強化されます。胃壁の筋肉も同じで半年間過剰に膨らませないような辛抱をすれば細胞がすべて入れ替わり、
小さくて膨らみにくい胃に生まれ変わることができます。

ただし、6ヶ月のダイエット期間中に1食でも過食をすればそこで振り出しに戻ってしまいます。

半年間の我慢か、一生体型を気にしていくか、決めるのはあなたです。
posted by ダイエッター at 16:43 | Comment(0) | おもしろダイエット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。