アクセス解析
レンタル掲示板

下半身

「太ももが前面に広がっている」「太ももが横面に広がっている」
「横面に広がってはいないけど太い気がする」・・・などの原因は、
下半身の歪みに加え、毛細血管の量も関係しています。

毛細血管の量が少ないと、体の隅々まで酸素をうまく供給してくれません。老廃物もきっちり、拾ってくれません。

その結果、代謝が悪くなる・老廃物が体に残るということが
起こってきます。

血圧の高い人は血管が詰まっていて、全身にうまく血液が行き届かないので
下半身が冷える場合も多いです。

そんな場合も、毛細血管の量を増やしてあげると、血管全体の容積が増え、
血圧を下げることも可能になるのです。

セルライト対策にも毛細血管の活性化が必要です。

ではどうやって毛細血管を増やしたらいいのでしょうか?

■理想的な太ももになる方法

 ★お尻引き締め座り 
   お尻を内側に締めるように膝、足首を揃えて座ります。
    →息を吸いながらお腹を背中に引っ込めていきます。
    この時、骨盤は普段よりも約1cm程狭くなっているはずです。
    →この状態を自然に呼吸しながら1分間キープします。

 ★股関節の横の広がりを閉じる運動 
  1.お尻を引き締めて座ります。
   特に股関節が横に出ている側の横(イスの座面)に手を添えます。
  2.その状態からそちら側の腰を持ち上げていきます。
  3.そして、腰を内側に動かしていきます。(15回程度)
    股関節が横に出ている側を重点的に、両方出ている人は同じ割合で
    交互に行っていきます。

   ※もしもこの運動を行って腰が痛い場合は、骨盤の歪みがきついと
    考えられますので、無理をしないで下さい。

  ★太ももを締めるトレーニング
   ○太ももの内側の筋肉
    横向きに寝て、下の腕を伸ばし、頭の枕にします。
    →上側の脚は膝を曲げてつま先を床につけます。
    →呼吸をしながら下の脚を上げていきます。
    →上げ終わった所で息を吸い、下げながら息を吐きます。交互に
  
   ○太ももの外側の筋肉
    横向きに寝て、下の腕を伸ばし、頭の枕にします。
    →下側の脚は膝を直角に曲げます。
    →呼吸をしながら上のの脚を上げていきます。
    →上げ終わった所で息を吸い、下げながら息を吐きます。
  
  ★下半身のリンパの流れを良くするストレッチ
     ハードル競争を思い出してください。
     片方の膝を直角に曲げて地面に付けます。
     反対側の脚の鼠頚部(そけいぶ)をまっすぐ
     後ろに伸ばして地面に付けます。 
  
  ★簡単なリンパマッサージ
     お風呂場などで石鹸をつけ、内側ふくらはぎから太もも、
     鼠頚部まで、両手でこねるように行います。

     足ツボマッサージでこの製品を使ったら明らかに
     細くなったのを実感しました。
     興味がある方はこちら
     ↓ ↓ ↓
     乗っかるだけでツボ押し&リラックス


  ★セルライトを減らすには?

    セルライトとは、皮膚の表面がデコボコになった脂肪の
    固まりのことです。
    大きくなった脂肪が血管を押しつぶし、そこから溢れ出た
    エデマによってコラーゲンが異常に増えてしまいます。
    その異常に増えたコラーゲンが脂肪を囲い込んで、
    デコボコ状のセラルライトを形成します。
    セルライト対策としては、
    @毛細血管の修復→ イチョウ葉エキス、ブドウ葉エキス、
     ビタミンC等の栄養素を摂る。
    Aエデマを排泄する→リンパマッサージをする。
    B余分な脂肪を溜めこまない→低インシュリンダイエット

低インシュリンダイエットを強力にサポート!!ダイエットコーヒースリム約100杯分


posted by ダイエッター at 10:58 | Comment(0) | 部分別ダイエット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。